• 当館のご案内
    • 展示室
    • フロアマップ
    • ご利用案内
  • イベントのご案内
    • 企画展のご案内
    • 講座開催のご案内
    • 図書・物品販売のご案内
    • 近代化遺産調査報告
    • 更新情報
    • 採用情報
  • リンク
  • トップメニューへ戻る
トップページ > 近代化遺産調査報告
伊世賀美隧道と大正時代の鉄筋コンクリート(RC)アーチ橋
  豊田市から長野県飯田市へ向かう飯田街道(現在の国道153号線に相当)は「中馬街道」とも呼ばれ、近世には馬の背に乗せられた海の産物や山の産物が行き交う物資輸送の幹線路でした。近代になると、荷馬車が輸送手段として使用されるようになり、それに伴って坂の勾配の改善や道の拡幅など、積極的に街道が改修されるようになりました。馬の背や人によって物資を運んでいた時代には、道も馬が通れるだけの幅があれば十分ですが、荷車が通るようになると幅も坂の勾配も改める必要が生じました。今回紹介するのは、こうした近代の交通の歴史を語る近代化遺産です。

<<伊世賀美隧道>>
  明川町字岩立−連谷町字石神を結ぶ旧道に位置します。愛知県の施工によって明治30年(1897)に完成しました。規模は延長308m・高さ3.3m・幅3.15mです。坑口には切石が積まれ、重厚な趣のアーチ上部には「伊世賀美」と刻まれた題額がはめ込まれています。当初の設計ではレンガで掘削した坑道をレンガ巻きにする予定でしたが、地層や湧水の問題から崩落のおそれが生じたので設計を変更し、すべてを石巻きにしています。
  伊世賀美隧道は、交通手段の移り変りと街道の変遷を一覧できる場所ともいえます。伊世賀美隧道の横にある伊勢神峠遥拝所へ続く峠道は標高が780mあり、馬の背時代に使われていた道です。道の勾配を改め標高705mの位置に造られた伊世賀美隧道は荷馬車時代、そして昭和35年(1960)に開通した標高640mの位置にある新伊勢神トンネル(長さ1,245m・幅6.5m)は、自動車・大型トラックの時代の交通路です。明治30年から昭和35年の間に、街道はその昔の峠から140m下に移動し勾配がゆるやかになり、道幅も広がりました。
伊世賀美隧道

<<郡界橋>>
  連谷町字栃平−小田木町字本洞の段戸川に架けられています。愛知県の施工により大正6年(1917)に竣工した、東海地方最古のRCアーチ橋です。橋の長さは約24m、幅は4mです。
  郡界橋以下ここに紹介する橋は、谷に露呈する岩盤を橋台等に利用して2本のアーチを掛け渡し、その上に井桁風に柱を載せて路面を支える構造となっています。それらの姿は、川幅や谷の深さによりアーチの形状が異なりますが、RCでありながら和風の雰囲気を醸し出しています。橋といえば木造がほとんどであった時代に、RCの橋がこの位置に造られたことは、地域の特色とともに、この街道に対する時代の要求を考えさせられます。
郡界橋

<<真弓橋>>
  御所貝津町字萩平−同字松渕の黒田川に架けられています。愛知県の施工により、大正8年(1919)に竣工しました。長さ約20m、幅1.7mを測ります。桁から上部の路面は木製です。

<<前橋>>
  大野瀬町字日カケ−同字日ヨモの野入川に架けられています。橋の長さは16m、幅は3.5mを測ります。

<<漆瀬橋>>
  飯田街道ではありませんが、稲武地区から岐阜県へ向かう国道257号線沿いにあり、川手町字ウルシゼ−同字オオホラの名倉川に架けられています。愛知県の施工により、大正7年(1918)に竣工しました。橋の長さは28m、幅は3.3mです。橋の中央から両端へ向かって、井2本のアーチの間隔が開き、井桁上の柱の下端もアーチに合わせて開く複雑な構造をしています。「日本の黎明期RCアーチ橋を代表する名橋」と評されています。
ウルシゼ橋

  足助地区から稲武地区には上記のアーチ橋のほかに、巴橋(昭和9年竣工・足助町)、足助大橋(足助町) 、大橋(大正15年竣工・稲武町)、国界橋(昭和12年・押山町)など、鉄筋コンクリート造りや鉄骨造りの近代の橋梁が残されています。これらの橋梁は鉄筋コンクリート造りアーチ橋とは趣が異なりますが、親柱や欄干の装飾に近代の雰囲気を感じることができます。
  現在でも使用されているものもありますが、これらの遺産の多くは道路交通の主役が自動車となった現在では利用者も少なく、自動車の通行用に新たに造られた道路の脇にひっそりと佇んでいます。しかしその姿は近代の街道の変遷を物語る重要な証人です。近くへお出かけの際には、是非ご覧ください。

(参考文献) 愛知県教育委員会 2005 『愛知県の近代化遺産』
        足助町 1975 『足助町誌』
        石田正治 2006 『三遠南信産業遺産』

文責:天野博之 郷土資料館だより57号に所収の文章に加筆。
Copyright©2006,Toyotashi Kindai-no Sangyo-to Kurashi Hakken-kan. All rights reserved.